1. トップページホーム
  2. 観光スポット
  3. 歴史・文化

庄内町観光スポット 歴史・文化

先人たちが大切に守ってきた、
庄内町の歴史と文化

庄内町の歴史ある寺社、由緒深い史跡、地域や日本を支えた偉人たちの業績などを通して、町の歴史や文化に触れることができます。

庄内町観光スポット 歴史・文化

スポット一覧

  • 北楯大堰

    慶長17年(1612年)、狩川城主北館大学助利長の指揮の下、開削された大堰。開削をきっかけに広大な新田開発や新村が開村され米どころ庄内の礎を築いた。

  • 亀ノ尾の里資料館

    ササニシキやコシヒカリといった良質米のルーツとして名高い「亀ノ尾」を作り出した阿部亀治の功績をたたえ、農具・民具などの資料品を展示しています。 余目第四公民館に併設されています。

  • 阿部亀治翁頌徳碑

    亀治が昭和2年に藍綬褒章(産業振興などの功労者に与えられる)を受賞したことを記念して小出新田八幡神社の境内に石碑が建立された。「亀ノ尾」の創選者「阿部亀治」の偉業を讃えるとともに、地域の豊作を祈るた...

  • 見龍寺

    創建は永禄8年(1565)です。境内には北館大学公の功績をたたえる塔や明治天皇巡行碑、北館大学墓があります。

  • 萬歳山 冷岩寺

    鶴岡にある総穏寺の末寺で文禄年間(1592-95)に創建されました。創建当時は天台宗であったが後に曹洞宗に改宗し現在に至っています。本堂にある走り大黒はこの地が米作地ということで俵の上には乗っていません。 ...

  • 熊谷三郎兵衛入定墓

    熊谷神社の御祭神、三郎兵衛が即身成仏を目指して土中入定した墓地。熊谷神社駐車場向かいにある。

  • 梅枝山 乗慶寺

    余目城主の安保太郎助形の居城地で大初継覚の開山とされ、南北朝時代に創立された。応永23年(1416年)の年記のある梅山聞本の筆蹟一幅が寺宝として収められている。

  • 円空仏

    見政寺にある山形県で唯一の「円空仏」。350年前、旅に生き、天災や飢饉などに苦しむ人々のため、仏像を彫り続けた遊行僧、円空作の仏像。円空仏は一刀彫によるノミ跡を大胆に残した荒々しい造形と、慈愛に満...

  • 庄内町文化創造館「響ホール」

    座席数が504ある大ホールは、音響を最重視した設計であり、劇場としても使える多目的ホールとなっている。小ホールには可動ステージがあり、ミニコンサートやリハーサル、展示会など多岐に利用できる。

  • 明治天皇御駐輦の跡碑

    明治天皇第5回大巡行時(明治14年9月)の御休息跡。

さらに絞り込む

例: 風車

PAGE TOP