1. トップページホーム
  2. 観光スポット
  3. 歴史・文化
  4. 資料館・美術館

庄内町観光スポット 資料館・美術館

先人たちが大切に守ってきた、
庄内町の歴史と文化

庄内町の歴史ある寺社、由緒深い史跡、地域や日本を支えた偉人たちの業績などを通して、町の歴史や文化に触れることができます。

庄内町観光スポット 資料館・美術館

スポット一覧

  • 内藤秀因水彩画記念館

    日本水彩画会理事長であった内藤秀因画伯の水彩画約2,000点を収蔵・展示しており、季節によって展示も変化していきます。 町立図書館と併設されており、町民の憩いの場としても親しまれています。

  • 砂防資料館(国土交通省立谷沢川砂防出張所内)

    国土交通省新庄工事事務所の半世紀にわたる砂防事業の技術、資料、情報の集大成として昭和63年に完成。

  • 歴史民俗資料館

    明治和風建築の代表作(旧狩川村役場)と呼ばれ、庄内藩主宿泊所(清川大庄屋・齋藤家)を一部移築している。先人たちが生み出した民具や伝統文化資料を展示しています。

  • 亀ノ尾の里資料館

    ササニシキやコシヒカリといった良質米のルーツとして名高い「亀ノ尾」を作り出した阿部亀治の功績をたたえ、農具・民具などの資料品を展示しています。 余目第四公民館に併設されています。

  • 清河八郎記念館

    尊王討幕の魁といわれ、明治維新に大きな役割を果たした清河八郎にゆかりのある遺品等を収蔵・展示しています。 また近隣の歓喜寺には、清河八郎と妻・お蓮(れん)の墓が並んでいます。

さらに絞り込む

例: 風車

PAGE TOP