1. トップページホーム
  2. 特集 立谷沢川流域
  3. 立谷沢川

立谷沢川流域

庄内町 立谷沢川流域 立谷沢川

平成の名水百選 立谷沢川

庄内町の頂・月山を水源とする立谷沢川は、出羽の山あいを豊富な湧水を集めながら北流して最上川に合流する、全国有数の清流です。 平成の名水百選に選出された立谷沢川流域は、山岳信仰や最上川舟運の歴史と文化に彩られた、水と緑の里です。
平成20年6月25日に、『平成の名水百選』に選ばれました。
「平成の名水百選」とは、水質・水量、周辺環境の状況、親水性・保全活動等の選定により、全国100ヶ所を、環境省が平成20年に制定したもの。

立谷沢川美化活動

平成19年度「日本一の清流・立谷沢川を創る実行委員会」を立ち上げ、立谷沢川美化活動がスタートしました。 立谷沢川の上流・中流・下流域の3か所に分かれて、草刈りや、流木・ゴミ拾いなどを行っており、毎回200名近くの地元住民の方々や企業よりに参加していただいています。

立谷沢川美化活動

六淵ダム(六淵砂防えん堤)

六淵ダムは、立谷沢川上流域の南部山村広場近くにあり、昭和27年9月30日に完成しました。その姿は雄大で、迫力があります。 夏場、水量が少ない時にはここで水遊びをすることも出来ます。

六淵ダム(六淵砂防えん堤)

立谷沢川砂金堀り

立谷沢川は砂金が採れることで歴史的に知られた場所で、江戸時代に「瀬場」という庄内藩直轄の砂金掘り場がありました。 (「瀬場」という名前は今でも集落名として残っています。)ここでは、「流し掘り」という伝統的な方法で砂金掘り体験ができます。

立谷沢川砂金堀り

立谷沢南部山村広場

立谷沢南部山村広場は庄内町瀬場地区にあります。ここでは、川遊びや魚のつかみ取り、砂金堀り体験ができたりと、さまざまなことに活用されています。 また、ここを会場に毎年『龍神月山』(バイクレース)が開催され、県内外から多くの人が訪れます。

立谷沢南部山村広場

観光パンフレットのダウンロード

立谷沢川流域紹介パンフレット

立谷沢川流域紹介パンフレット

(外部リンク:yamagata ebooks)

PAGE TOP