1. トップページホーム
  2. お知らせ一覧
  3. お知らせ詳細

お知らせ

4月27日(土)清川歴史公園 荘内藩清川関所オープン

カテゴリ
お知らせ
日付
2019/4/11(木)
内容
江戸時代、荘内藩は藩境に五つの番所を設置していました。清川口の番所は鼠ヶ関・小国・大網・吹浦の四口と違い、最上川を川船で行き来することから川口番所と呼ばれ、人・物・文化の交流が最も多かったと言われています。また、内陸向け諸荷物の抜荷を監視するために船見番所も置かれました。

この度、昔の面影そのままに荘内藩清川関所・川口番所と船見番所が復元され、4月27日(土)から一般公開されます。オープン当日は羽州庄内松山藩荻野流砲術隊の演武やふるまい、記念品などを準備しています。また旧荘内藩主酒井家18代当主忠久氏による講話もあり、江戸時代の清川を体感できる1日となります。

今後は清川の歴史を楽しむ「まち歩き」の拠点として、新しい魅力を発信していきます。土日祝には御殿茶屋も開店し、美味しい食を提供いたします。また、きよかわ観光ガイドの会によるご案内もおススメです。時間毎にコースを設定しており、庄内町観光協会0234-42-2922に1週間前にお電話いただけますとご予約をお受けいたします。
リンク
清川歴史公園 荘内藩清川関所

荘内藩清川関所 川口番所と冠木門 高麗門 船見番所 松尾芭蕉上陸の地

PAGE TOP